ブログ

転職した話を緩く語る

こんにちは!

今回は転職した話を緩く語っていこうと思います。

転職

昨年の12月に無事転職をしました。

前職が、設備保全で転職先がweb制作なので全く異な業種で未経験です。
一通り、転職の流れと転職して思ったことを書いていきます。

転職までの流れ

①転職に向けて勉強
②転職活動
③転職
④転職して思ったこと
⑤やっておいたほうがいいこと

①転職に向けて勉強

2020年の10月に前職を退職したが、やめる前にも少しずつ勉強をしていました。

勉強の内容と期間としては
・2020年7月〜10月porogateとドットインストールのHTMLとCSSを一通りやる。
・2020年10月〜1月codebeginに参加して、課題をこなす。
・2021年2月〜4月模写、オリジナルサイト作成mUdemyで勉強
・2021年5月〜8月虚無期間
・2021年9月〜Udemyで勉強

という感じです。
勉強時間は1日2~3時間やったりやらなかったりなので
合計200時間ぐらいやったと思います。

ツイッターに勉強時間を載せてたけど気がついたら載せなくなっていた。

②転職活動

2021年に仕事を辞めてから1年経ったので転職活動に移りました。
応募した件数8件
書類選考が通った件数3件

とりあえず、経験を積めればよかったので、ハローワークで
探して応募していましたが、ハローワークで応募した中だと1件しか
書類選考を通過していません。
そもそも、経験者のところをダメ元で応募していたのでしかたがない。

面接の練習はほぼしていません。
というか、練習すると暗記するまでやってしまい、面接でテンパるのであえてやりませんでした。

③転職

11月の中旬〜月末にかけて
今の会社の面接が2回ほどオンラインであり、内定を無事に頂いてそのまま
転職しました。

12月より業務コーディングの業務を担当しています。

④転職して思ったこと

転職してから思ったことは圧倒的に勉強不足だと感じました。
たしかに、実務をこなさないとできないところもあるかもしれませんが、
JavaScriptやPHP、WordPressの基礎はもっと固めておくべきでした。

調べて、ネットにあるコードをコピペでできないことがほとんどなので、
コピペ後に改良などができる程度だったり、コピー元がどんな処理をしているのか
理解できる程度の知識がないとかなり厳しかったです。
つまり、なんとなく理解しているじゃだめということですね。

ただ、書き方が会社ごとで違かったり、人によっても違うので
正解がないので、なんとも言えませんね。

また、Adobeのソフトを使えるようにしておくのも必要だと感じました。
少なくとも、XDは無料プランがあるので、ある程度使えるようにしといたほうがいいですね。

よく、未経験でフリーランスになんていう人も居ますが、
そういうのは本当に一握りだと思います。
実際に案件をやってめちゃくちゃ力不足を感じて、転職せずにフリーランスで活動していたら、多分コードはめちゃくちゃだし、遅いしで大変なことになっていたと感じますね。
1日8時間を毎日のように勉強をしている方は行けるんじゃないかな。

⑤やっておいたほうがいいこと

やっておいたほうがいいことは、勉強ですね。
progateやドットインストールの周回は全くおすすめしないですが
ひたすら模写をしたり、デザインカンプからサイトを作成するのがいいです。
実践経験に近いことをやっておく。

自分が何になりたいかを明確にしておくこと。
浅く広く勉強するとどれも中途半端になるので、決めた分野を極めたほうが圧倒的にいいです。というか、プログラミング言語を1つ極めれば、他の言語に移っても理解できるので。

まとめ

転職した話を緩く語ってみました。
すごくざっくりとした内容ですが、勉強して会社を選ばなければ割と未経験の分野でも転職は可能です。

なにか聞きたいことがあれば、お答えできる範囲で答えます。
ツイッターでも、コメントでもぜひ。