ブログ

仕事を辞めて1年。辞めた理由と入社した理由

仕事を辞めて1年。辞めた理由と入社した理由

こんにちは!

今回は仕事を辞めて1年経ったので
辞めた理由や入社した理由などをズラッと書いて行きます。
1年前のことなので思い出しつつ書いていたり、入社した理由は
5年も前のことになるので割とざっくりとした感じになるかと思います。

業種

高校卒業後に保全として業務に携わりました。

保全は3K「きつい」、「きたない」、「危険」と呼ばれる業種で
設備のトラブル対応、設備の定期点検、設備の改善が主な仕事です。

やりがいはめっちゃあります。

現場ねこみたいな感じ。

辞めた理由

保全をやっている人ならあるあると思うのが辞めた理由の殆どだと思います。
というか、同じ理由で誰しもが思ってそれでも辞めずに続けているのかなと感じています。

理由というか言い訳的なものもあるかもしてませんが思っていたことを
書いていきます。

やりたいこと、やってみたいことができた

・起業したい
レーザーカッターで起業
切り絵で起業

・IT業界に行きたい
Web制作者になりたい
フロントエンドになりたい

・フリーランスになりたい

入社1年目ですでに楽に稼ぐ方法(そんな方法はない)を探して
ブログを始めたりしていました。
その時はブロガーだとか、フリーランスのライターもいいなと思ったり。

2年目にレーザーカッターを買ったのでそれを使ったり
切り絵で起業したいとも思った。

3年目にIOT関連を調べているうちに
IT業界ってすごい、これか伸びるし重要高まるなと思った。

4年目に実際に仕事の休みの日にprogateやドッインストールでHTMLやCSSなどを勉強していてわからないことだらけだったけど、調べれば解決するし、1つできればまた新しいことができるようになるのがすごく楽しかった。

仕事にできたらもっと楽しいと思いました。

自分に向いていなかったと感じたから

・トラブル対応が嫌
・見られて作業するのが嫌
・周囲に迷惑を掛けるのが嫌
・焦るのが嫌
・ミスをするのが嫌
・重いものを運び腰痛になるのが嫌
・責任を感じるのが嫌

大量に嫌というものを載せましたが、総じて表すと
「自信が持てない」の一言に付きます。

こんなんじゃ他の仕事も向いてないよと言われそうですが
トラブル対応→直す→また不具合→設備を止める→慌てて直す→ミスる
→時間が掛かる→現場に迷惑を掛ける

という一連を繰り返すことがあるのでまったくもって向いていないのだと思います。
先輩からはそうやって成長していくものだと言われましたが、毎回こんなことをやっていたら自分のメンタルが持ちません。というか持ちませんでした。

将来性をあまり感じなかった

保全という業種を定年までやると言うなら食いっぱぐれることは
ないです。なんなら定年後もできる。

しかし、その会社でしか通用しない技術もたくさんあったりと同種の転職をしても
役に立たないこともあります。経験は圧倒的に役に立ちますが。

しかし、10年後20年後に会社が残っているのかと思えば微妙だと感じたので
将来性を感じませんでした。

IOTなどの最先端技術を取り入れている会社だったらその会社のIOTエンジニアになるのもありだったと思う。

パワハラ?があった

・資格の結果を勝手に見られて嫌味を言われた
・モノマネを許容される
・威圧的な態度
・暴力現場を見た

資格の結果がはがきで送られるのですが、勝手に開けられて嫌味を言われた。

昔だったらスキンシップの一貫だと思いますが、モノマネを許容された。
そこまで嫌というわけではなかったのですが、流石にプライベート時に電話越しでやってと言われたのはないなと思う。

ちょっとした会話にも威圧的な態度を取られて
先輩との接し方が一時期わからなくなったことがありました。
今でも、人と話すのが怖いことも…。

特定の人に向かって叩く行為を見かけてしまった。
叩かれた人そういうキャラっちゃキャラなのですが良くない。

人間関係がめちゃくちゃ

・上司は機嫌がすべて
・あいつが嫌い、こいつが嫌い、陰口を聞く
・転職してきた人たちが最悪な環境と口を揃えて言う。

機嫌次第で全く態度が違うので、ご機嫌を伺いつつ話しかけないと
怒られるは、嫌な顔される。

休憩中だったり、その人がいないところで散々陰口を聞かされて
自分もいわれているんだろうなって思いました。

前の環境がどうだったか知りませんが、転職してきた人たちみんなここは最悪だよと言っているから人間関係は最悪なんだと思いました。

理不尽当たり前だと思うかもしれませんが
当たり前であってたまるか。

会社の空気が嫌だった

入社した時は全く気にしていなかったのですが
・帰るのに先輩を待たないと行けない暗黙の了解。
・お昼休憩時に班の人がいなかったら、連絡を取り現場に向かはないとだめな風潮。
・始業時間前なのに、大型のトラブル対応をしていたら現場に向かわないとだめな風潮。
・トラブル対応中(人数は十分いる)のに定時迎えて上司が帰ってもいいと言っても帰りづらい風潮。

中には保全として当たり前だろと思うこともありますが
正直、嫌でした。

休憩しづらい

休憩時間を過ぎて休むことが多いのですが、周りが仕事をしている中
自分だけスマホをポチポチいじったり、仮眠を取っているとあいつサボってるんじゃねって
思われていそうで、休憩がしずらかった。

気が散ってスマホもポチポチできなかったし、目を瞑っても休んだ気がしませんでした。

その辺、なにも感じない鋼のメンタルを持っていれば気にすることもなかったのかと。

周りが辞めたいという話を散々聞く

先輩がしょっちゅう辞めたいという愚痴を聞いていたので
辞めればいいのになと思いつつ聞いていました。

流石にみんなが辞めたいと思う会社に長くは居たくない。

会社の良かったところ

この会社でよかったと思うことを書いていきます。
あんまりないかもしれない。

給料がいい

高卒で手取り20万以上もらえていたので
10代〜20代前半にしてはかなり給料をもらえていたと思います。

大卒で地元に就職した人たちは手取り15万ぐらいしか…
という話も聞くので辞めた今でもそこそこ良かったんだなって感じています。

資格や講習がたくさん取れる

自分のお金でなく、会社のお金で資格や講習を受けることができました。

資格
・フォークリフトの免許
・クレーンの免許
・玉掛の免許
・フルハーネスの免許
・電気工事士
・機会保全士
・危険物取扱者

講習
・各ロボットメーカーの講習
・各PLCメーカーの講習

その他
・パスポート

ロボットのメーカー講習は10万ぐらい掛かる講習などもありました。
資格は勉強次第で取れるか取れないかで決まってきますが
3年間だけでも必要最低限なものは取得できたました。

辞めてからも役に立つ資格はありますが
その業界に行くことがないので多分一生使うことはないかと。

入社した理由

5年も前?なのではっきりとおぼえていませんが
多分そうだったという理由について書いていきます。

先生が勧めたから

高校の時はここでどうしても働きたいという場所はなく
働ければどこでもいいやって思っていました。

先生が自分のためだけに求人を取ってくれる?用意する?
という話を聞いて自分のためだったらということで選んだ気がします。

今思えば学校と会社では長い関係があったので別に自分の為だけというわけではなかったような。

まとめ

辞めた理由と入社して理由のまとめです

辞めた理由
・やりたいこと、やってみたいことができた
・自分に向いていなかったと感じたから
・将来性をあまり感じなかった
・パワハラ?があった
・会社の空気が嫌だった
・休憩しづらい
・周りが辞めたいという話を散々聞く

会社の良かったところ
・給料がいい
・資格や講習がたくさん取れる

入社した理由
・先生が勧めたから

辞めた理由はよくある感じですが
精神が崩壊するまでではなかったです。

入社した理由に関しては
絶対にそういう選び方は良くないという選び方でした。
自分の意志がないとほんとに良くない。

思い出しながら書きましたがこんな感じです。
去年書いていればもっと鮮明に辞めた理由を書けたと思いますが。

というわけで
辞めた理由、入社した理由でした。