まとめ

カード自販機とカードガチャを分析!売り切れまでいくら必要か?

こんにちは!
今回はカードショップで見かけるトレカガチャと自販機の解説をしていこうと思います。
知っているだけで、当たり枠を出すのにいくらぐらい必要かの目安を出すことができます。
そして、全然当たりだったり、売り切れにならなくても、上限数を知っているため、焦る心配もなくなるし、余裕が生まれます。
ただ、ワクワク感が若干なくなる気がします

①自動販売機
②キラステ
③カードダス
④トレカBOX
の順番で解説をしてきます。

当ブログで紹介したことのある、自動販売機とキラステは無料で閲覧することができますが
カードダス以降の記事は有料となります。

①自動販売機

ここ最近、どこでも見かける自動販売機型。
以前にも記事を取り上げていますが改めて徹底的に解説をします。
ちなみに以前の記事はこちら

自動販売機-S-28VN

全国どこにでも設置して自動販売機はこのタイプしかないと思います。

S-28VNTの箱

よく使われているサイズの箱となっています。
厚さ13mmの箱を使用している場合
1段目26個
2段目以降21個
の合計623個格納できるようになっています。

26×7で182個
21×7で147個
というふうになっています。

売り切れまでの早見表
値段1段目2段目以降
500円13000円10500円
1000円26000円21000円
1500円39000円31500円
2000円52000円42000円
3000円78000円63000円

となっています。当たりラインナップが7個しっかり載っているものは売り切れになれば
確実に当たるため、表を参考にあたりを出すか、シングル買いをするか考えるといいと思います。

S-28VNBの箱

今じゃほとんど見かけないサイズの箱です。
厚さ23mm程度の箱を使用している場合
1段目12個
2段目以降9個
の合計273個格納できるようになっています。

12×7で84個
9×7で63個
というふうになっています。

②キラステ

タカラトミーアーツから出ているトレーディングカード、シール、ステッカー販売機
シール販売がメインのキラステですが、2つ折りの白ダンボールにカードを入れて販売しているパターンもあります。
こちらも同様に記事を取り上げていますが改めて徹底的に解説をします。
ちなみに以前の記事はこちら

公式の取説が見つからなかったので、中古販売など扱っている箇所から参考にしています。
ただし、本体購入をすれば、取説はついてくるっぽい。

キラステの容量

ステッカー収納数 / 180枚
とあるため、以前の検証と合わせてもだいたいあっているため、180回が最大数です。

180×6で合計1080個格納できるようになっています。

売り切れまでの早見表

値段最大
100円18000円
200円36000円
300円54000円
400円72000円
500円90000円

となっています。割と当たりが複数入ってたりする場合がありますが、自販機よりも売り切れまで回すとお金が掛かります。後、1回1回やるのがめんどう。

以下はカードダスとトレカBOXの解説ですが、申し訳ないのですが有料記事となります。
1回500円のガチャや自販機を引いたと思って購入お願いします。
期間限定で40%OFF!!