プラグイン

文字列置換プラグイン『Search Regex』で消してしまった記事を復元する方法

文字列置換プラグイン『Search Regex』で消してしまった記事を復元する方法

こんにちは!

WordPressを使っていれば一度は文字を一括変換したいとか
消したいと思ったことがあるかと。

それを叶えてくれる超便利なプラグイン『Search Regex』があるのをご存知でしょうか?
超便利なのですが、操作を間違えると大変なことになります。

必ずバックアップを取ってから使いましょうとありますが
まさか、消えるわけがないと思いバックアップを取らなかった、末路を書いていこうと思います。

結論から言うと
操作ミスをすると記事が完全に跡形もなく消えます。
しかし、バックアップなしでもエックスサーバーを使っていれば復元可能です。

この記事を見たということは、かなり焦っていると思いますので
一旦、深呼吸をしましょう。
Xサーバーを使っている方は削除した記事の復元方法を見てください。

Search Regex

インストール方法などは書く必要がないと思いましたが、
念の為書いておきます。

プラグイン→新規追加
キーワード検索でSearch Regexと検索
今すぐインストールをクリック

インストールが終わったら有効化
ツールにSearch Regexが追加される。

Search Regexを開くとこんな感じで、プラグイン自体でもバックアップが推奨されています。

使い方などは調べれば出てくると思いますが
ここでは、特定文字を記事から削除したかったので、そのやり方だけ書いていきます。

検索窓から消したいワードを入力し検索をクリック
今回はテストページとして『https://blog.paper-cutting-art.com/test/』を消していこうと思います。
一致した項目が下に黄色で囲まれて表示されます。

・・・をクリックして行を置換をクリック。
このとき『行の削除』は絶対に押さないようにしましょう。
わけは後ほど書きます。

単一行となっているところを、削除に変更します。
変更すると赤色で囲まれます。
置換をクリックすると削除されます。

削除すると、一致結果はありませんになります。

削除前

削除後

見事、指定したワードの削除ができました。
今回はテスト用のページだけをしていしましたが、
複数の記事にあるワード一括で消すには

単一行を削除に変えてすべて置換で一括変更が出来ます。
ただし、警告などなしで、すべて置換されてしまうので一通り確認してから
置換しましょう。

バックアップを取らなかった末路

インストールの仕方と、使い方についてざっくり書いていきましたが、ここからは
使い方をしっかり読まずに、バックアップを取らずにどうなったかを書いていきます。

使い方を調べても、あれこれ詳しく書かれてて読む気にならなかったので
成り行きで行けるだろうと思いやっていました。
バックアップも面倒だったのでしませんでした。

このとき『行の削除』は絶対に押さないようにしましょう。
と書きましたが、『行の削除』を押すとどうなるのか。

 

押した瞬間、警告なしに記事が跡形もなく消えます。
投稿一覧からもなくなりますし、ゴミ箱に行かずに完全消去されます。

今は、テスト用の記事を消しただけなので、全くもって問題ないのですが
実際に超重要な記事を5,6ページ消しました。

重要な記事を消してからめちゃくちゃ焦っていました。
しかも調べてもまともに記事がなく、半ばあきらめていましたが
なにやら、エックスサーバーであれば、自動バックアップがあるという記事を見かけて、
試してみました。

削除した記事の復元方法

焦っていると余計操作ミスをするかと思いますので
ここで、もう一度深呼吸。

サーバーパネル-ログイン
よりXサーバーのサーバーパネルのログインします。

自分のサイトのデータベースがわかっているればMySQL復元をクリック
わからなければ、WordPress簡単インストールをクリックでデータベースを調べることができます。

データベースの調べ方

今使っているドメイン名を選択する

〇〇_wp◯と書いてあるのがそのサイトのデータベース。
データベースがわかったらMySQL復元をクリック

wp◯が一致するところを探して、復元したい日付を選び復元。

復元をクリック。
復元をすると、その日に書いた記事など上書きされてしまうため、変更点を覚えといたり、記事は別タブで開いといて、復元が終わったらコピペして記事を作成するといいと思います。

今回は使っていないデータベースを選択しました。

復元実行中が正常終了になれば、復元の作業が完了します。
無事に消えた記事などが復元できていれば、完了です。

エックスサーバー以外で自動バックアップが取れていれば同じ様にできると思いますが、出来ない場合はおそらく復元はできないと思います。

これを気に、エックスサーバーを利用してみては?

まとめ

文字列置換プラグイン『Search Regex』で文字の削除の仕方と
バックアップなしでの復元方法でした。

やり方をしっかり読んで、注意書きをしっかり守るべきだと
改めて教訓になりました。

もし、同じ様に行の削除で消してしまったら
参考になれば幸いです。
ただ、エックスサーバーでないといけないのですが…

もし別のサーバーを利用していたらエックスサーバーを利用してみてはどうでしょうか?